2012年3月

顔を合わせて

2012年03月29日

家に帰ると顔を合わせて眠っていた二人。
そぉーっと近づいてカシャ^^

20120329_1.JPG

二人で寝てると、よく顔を合わせて寝ています。
仲いいな。

南相馬市でのボランティア活動

2012年03月21日

聞いたこと、見たこと。

・一日目のお昼の休憩後、バスの中で、南相馬市の職員の方に話をしていただきました。

 震災直後のこと。
 津波に巻き込まれてしまった職員の方のこと。
 配給時に馬頭されたこと。
 心が折れてしまった職員の方のこと。
 ドライバーが拒否をして、救援物資を運び込んでくれなくなったこと。
 ガソリンのタンクローリーを取りに行ったこと。ここから先は行きたくない、置いておくから。
 鉄道が寸断され、車でしかこれなくなってしまったこと。
 自分の家族のこと。
 働き手がいないこと。
 辞めていく職員のこと。
 未来のこと。

・夜は食事の後、皆さんとボランティアについて震災についての話。
 
 すでに十数回参加されてる方。
 熊本から来られた方。
 沖縄からも参加の希望者がいた話。
 帰りたかったが、来ないでくれと言われた話。
 旅館の瓦礫の撤去を行いその後再開した宿に泊まりにいった話。
 子供が生まれて、11日に退院し震災にあった話。
 福島出身ということでいじめられる話。怒りの声。
 南相馬市出身の方の話。涙をこらえた声。目が熱くなりました。
 
・移動中目に入った景色。
 段差注意、損傷あり注意の看板が並ぶ、東北自動車道。 
 基礎だけが並ぶ住宅街。
 1、2階が抜けた3階建ての建物。
 道路わきの漁船。
 ぐにゃぐにゃにまがったガードレール。
 まがった標識。
 倒れた電柱。斜めの電柱。
 瓦礫の山。
 閉鎖された店舗
 除染中の看板。
 見えることのなかったはずの海。

 帰り、ボランティアセンターを出て、ふとバックミラーを見ると、センター長の松本さんが、旗を持って立っていました。
 私たちが曲がるまで。
 ウィンドーを開けて、手を振りました。
 その気持ちに感謝。

 またいつか。

南相馬市でのボランティア活動

2012年03月20日

今回の活動内容とボランティアセンターについてです。

ボランティアセンターにて、ボランティアの心得、注意事項の説明を受け、割り当てられた場所へ移動します。
二日間、作業を行った場所は海岸から800mほどの田んぼです。
海に向かって黙祷を行って作業を始めました。
一見するとなにもないように見えましたが、スコップを入れると、材木、瓦が多く出てきます。
通帳や写真、貴重品も出てきたようです。
大きなものは6人がかりで運びました。

今までにも何人かこの場所のがれきの撤去を行っていたそうです。
まだまだ多くの瓦礫が残っています。 
田植えのときに田んぼに入ったことがあります。あの細かな土に戻すことができるのかと。
思いながら作業を行っていました。
こんな場所が500km続いているのか。

自宅に帰ってyahooの地図で現地を確認しました。
航空写真には、いくつもの家が並んでいます。見ながら、こんなに並んでいたのかと。
作業を行った田んぼから海側には、家はなく、堤防が見え、壊れた堤防からは、海が見えていました。

ボランティアセンターです。
撮影したのは、当然こちらだけです。

20120318_1.JPG

外のモニタリングポストです。富士電機製でした。
0.145マイクロシーベルト。
児童センターということもあり周辺は、新しい砂が入れてありました。

20120318_2.JPG

ちなみに、私の住む安曇野市は、0.09~0.11マイクロシーベルトで推移しています。

ボランティアセンターの2階は無料で宿泊もできるそうです。

・ボランティアの心得。 

頂いた資料から。

 被災地に迷惑をかけない行動を心がけて下さい。
 
 <出かける前の準備をしっかり>
  情報収集、体調管理、食事や宿泊場所の確保、交通費の確保など、自己完結を。

 <被災者の立場にたった行動を>
  あいさつや言葉遣い、約束を守るなど、基本的なことを大切に。
 
 <撮影禁止>
  興味本位・物見遊山は×。被災された方の気持ちを考え、写真撮影は禁止します。

 <ルールを守って>
  勝手な判断はせず、グループで相談する。困ったらボランティアセンターに相談して。
 
 <断る勇気を持つ>
  危険なことやできないことは、できないとはっきりと。
 
 <思い込みをしない>
  報道などの情報から勝手な思い込みをしないこと。
 
 <地域住民の自立を支援>
  被災者に協力して一緒に復興を目指す、自力再建の支援を。

松本さんのお話から。

 肩書は無し。ボランティアは、ボランティアとして活動を。
 
 行動はきびきびと。だらだらと行わない。


つづきます。

南相馬市でのボランティア活動

2012年03月19日

17日、18日と福島県南相馬市でボランティア活動に参加してきました。
会社の有志での活動です。総勢50名での活動となりました。

私は、ボランティアの参加は初めてです。
昨年から現地で汗を流したいとの思いはありましたがなかなか参加できずにいました。
会社でもボランティア活動を行っているのを知って、そろそろ4回目があるのではと、待っているときに募集の呼びかけがあり参加してきました。

今回お世話になったボランティアセンターは、南相馬仲町ボランティア活動センターさんです。

 Blog:南相馬仲町ボランティア活動センター

センター長の松本さんが一人で切り盛りしています。
地元の方ではなく、こちらでボランティアで活動しているそうです。

センターにはモニタリングポストが設置してあり、0.15マイクロシーベルト程度の数値が表示されていました。

まずは、福島までの移動について。

 作業は土日でしたが、前日の金曜日の夜福島市入りしました。
 市内のホテルで一泊し、土曜の朝、南相馬市に移動しました。

 行きのルート
  豊科ICから長野道、上信越道、関越道、北関東道、東北道で福島西IC。6時間。
  福島市内のホテルから南相馬市には1時間半。

 帰りのルート
  ボランティアセンター、二本松ICで高速に乗り、東北道、磐越道、北陸道、上信越道、長野道で豊科IC。
  8時間かかりました。

 高速無料化の申請を事前に行いました。安曇野市は堀金支社で行います。
 
 詳しくは下記のHPで確認してください。 

  HP:福島県災害ボランティアセンター


つづきます。

moraで買い物

2012年03月07日

Androidアプリで遊ばれてばかりいるWalkman。
やっぱり音楽聴かないと。
moraでお買い物しています。
支払いはエディカードで。PCにかざすだけ。
カード番号を入力したりする必要がないので安心。

何を買ってるかというと、JAZZだったりして。
よく分かってないんですけどね^^;;

ブルーノートから、
BLUE NOTE MEETS UNIQLO、カフェ・ブルーノート、、、

ん~。落ち着く。
学生のころ吉祥寺でカフェで流れていたのもJAZZ。
好きでしたね。
なんだか合うんだよね。


よく分かってないんですけどね^^;;

1  2