2013年12月

いわき市 観光編

2013年12月10日

土曜日のボランティアの後、夕日を見に三崎公園へ向かいました。
運転しながら、あー沈んでしまう。。。。。

20131207_23.JPG

間に合わなかった^^; 残念。
三崎公園には、海に突き出た展望台があります。ちょっとビビりました^^
展望台、マリンタワーがありなかなかいい公園です。

HP:三崎公園

ホテルにチェックインして、疲れもありましたが、やっぱり見に行きました。

20131207_20.JPG

露天風呂が広かった~。湯加減がちょうどよく長く入っていられる。
寒さのため、上がる湯気がライトに照らされいい雰囲気でした。
ロコモコを食べて、ショーが始まるのを待ちました。
あまりいいポジションではなかったのでいい絵はありませんが、っていいわけ。

20131207_40.JPG

20131207_24.JPG

20131207_25.JPG

20131207_26.JPG

アイナは、ハワイ語でふるさと。

20131207_27.JPG

20131207_28.JPG

20131207_29.JPG

20131207_30.JPG

20131207_32.JPG

20131207_33.JPG

手の動きが美しく。

20131207_34.JPG

20131207_36.JPG

20131207_37.JPG

20131207_38.JPG

映画を見てから一度は見に行きたいと思っていました。
来てよかっか、楽しめました。

HP:スパリゾートハワイアンズ


日曜日は、いわき・ら・ら・ミュウへ。

20131208_39.JPG

HP:ら・ら・ミュウ

行われていた、いわきの東日本大震災展。もちろん見てきました。

20131208_41.JPG

昼食にいただいた2色丼。

20131208_21.JPG

鮮魚売り場でいただいた、生ガキ。デカかった。

20131208_22.JPG

お腹一杯で帰路へと。

あ、お土産買うの忘れてる。


高速運転中、途中で気がついた。。。。。

いわき市薄磯地区、豊間地区

2013年12月09日

ボランティアは土曜日だけの活動でしたが、さすがに長距離運転は疲れるので、一泊しました。
午前中、再び薄磯地区と豊間地区をまわりました。

学校の校庭に積まれた瓦礫。

20131208_11.JPG

昨日バスの中での解説していただきました。
分別がされてなく、瓦礫の処理に時間がかかっているとのことでした。
校舎は使われていません。あの日のままです。

車を止めて少し歩きました。

20131208_14.JPG

基礎だけが残されています。
ボランティアの方々が、描いた花。寂しさをいやすために。

20131208_13.JPG

20131208_15.JPG

堤防にも絵が描かれています。

20131208_16.JPG

小さな地区ですが、150名ほどの方が亡くなられています。
手を合わせてきました。

灯台の南側にある豊間地区です。
こちらも堤防沿いは基礎だけが並んでいました。

20131208_10.JPG

20131208_17.JPG

サーフィンをする方が多くいらっしゃいました。

20131208_19.JPG

20131208_9.JPG

砂浜を歩いてみました。
この浜の砂は、鳴き砂とのことでしたが、音は聞こえませんでした。

20131208_18.JPG

震災後福島に来たのは5回目ですが、海岸を歩いたのは今回が初めてでした。
美しい景色でした。

観光で回ってきた場所は、まとめて明日にでも書きます。

いわき市でのボランティア

2013年12月08日

昨日7日(土)会社の有志のボランティア活動に参加してきました。
総勢51名。今回も私は、自家用車での参加です。
場所は、いわき市、初めて訪れる場所です。

今回は、ふくしまオーガニックコットンプロジェクトのお手伝いです。

20131207_1.JPG

作業は、コットンの収穫がメインです。
収穫は簡単なんですが、ついたゴミ(葉っぱや砂)を取るのが根気のいる作業でした。

20131207_2.JPG

午前と午後、別の畑で収穫作業を行いました。

お昼の後、平薄磯の山六観光で、社長さんに震災当時の話をしていただきました。

20131207_5.JPG

薄磯地区の地震の被害と津波の被害について。
地震での倒壊は1件だけ。その後の津波でほとんどが倒壊してしまった話。
この地を襲った津波の高さ、回数について。13メートル。11回。
津波に対して認識不足であった話。避難して戻って来て、津波にあってしまった方がいた。
津波を見ていた話。水が引き、6メートル下の海底が見えそして津波。
支援の格差の話。
人がこの地に戻ってくるかどうか。

その地域によって抱える問題は違うものだと改めて感じました。

店舗の前には、美空ひばりさんの遺影碑とみだれ髪歌碑が並んでいます。

20131207_4.JPG

前に立つとみだれ髪の歌声が流れます。
山六観光さんは津波の被害がありましたが、この遺影碑は無傷だったそうです。

20131207_8.JPG

右上に写っていいるのが塩屋崎灯台です。
みだれ髪は、この岬をモチーフにした歌詞が歌われています。

HP:ふくしまオーガニックコットンプロジェクト
HP:山六観光
HP:薄磯復興協議委員会
HP:いわき市観光情報サイト

1