2015年11月

白馬村災害ボランティアフォーラム

2015年11月28日

昨日は、白馬村で行われた、白馬村災害ボランティアフォーラムに参加してきました。

20151128_01.JPG

内容は、
 スライドショー「発災からこれまでの白馬村の様子」
 シンポジウム「震災から学んだこと、これからの地域づくり」
 ワークショップ「災害資機材の展示とデモンストレーション」
        「防災豆知識」
と言った感じです。


スライドショーでは、
地震発生翌日の様子から始まり、
危険と判断された家屋(赤い札が貼られます)には立ち入りが出来ませんが、安全確保を行い貴重品の取り出し作業を行ったこと。これは、被災地では通常行われないことだそうです。
2004年の中越地震では、雪の重さで最終的には倒壊してしまった家屋があり、同じことが起きないようにと補強工事行った、また、中越地震の時の仮設住宅は屋根が平らであったことから、雪下ろしが大変であった、その教訓から白馬村での仮設住宅は傾斜した屋根の仕様となっている。
そんな話がありました。

シンポジウムの話の中では、
地震後区長さんが一軒一軒回って安否確認を行ったそうです。周辺には灯油のにおいが漂っていたそうです。
私の住んでいる場所は別荘地です。区長さん知らないな。
避難する時は、ブレーカーを落とすだけでなく、灯油の栓も閉めておかないとダメですね。
情報の伝達がうまく伝わらなかったといった話もありました。
口頭で伝えても駄目、プリントでも駄目、気持ちに余裕がない中では、読むこともなかなかできなく、伝わらないようです。

機材についてのワークショップにも参加。

20151128_02.JPG

20151128_03.JPG

20151128_04.JPG

ちょうどタイヤ交換をする時期で、用意してあったジャッキでつぶれた家屋から救出した場所もあったそうです。
ジャッキはあるし、チェーンソー、ノコギリ、サンダー、小型のハンマー、ナタもある。
大型のバールは原木を移動するときに欲しいと思ってホームセンターに見に行ったことがあります。買おうかな。
ロープワークも面白かった。勉強したい。
ハスクバーナーのパンツが欲しくなった。これは買ってもいいな。

白馬での出来事は、どこでも起きることです。
災害が起きた後に自分は何ができるのか、考えています。

1