2018年6月

萱浜の菜の花畑 4月30日

2018年06月08日

南相馬市原町区萱浜の菜の花畑です。
今年も菜の花迷路が行われています。

20180430_148.JPG

20180430_149.JPG

20180430_150.JPG

子どもたちの笑顔、楽しそうな声が聞こえていました。
菜の花も綺麗でした。

南相馬でボランティアをした場所を見て、安曇野に戻りました。

今年は、一日短い日程でした。田老から釜石間には行けませんでした。
気になっています。来年は行きたい。
荒浜小学校の話の中で避難先を体育館ではなく、2010年に校舎に変えた話が印象的でした。
今まで時間的に入ることができなかった伝承館を見て回れたのはよかった。

南相馬市 万葉の里風力発電所 4月30日

2018年06月07日

南相馬市に近づくにつれ見えてきたのが風力発電所の風車。
遠くからでもはっきりと見えました。でかい。

20180430_147.JPG

4機の風車が並んでいます。下に並んでいるのは太陽光パネル。

20180430_143.JPG

20180430_144.JPG

かしまの一本松が立っていた場所です。昨年訪れた時はその姿を見ることはできましたが、2017年12月17日に伐採されました。

HP:津波耐えた一本松に別れ 復興の象徴

今は風車が建ち並び南相馬に灯りをともしています。

20180430_145.JPG

風車のブレードの直径は91mにもなります。近くで風車を見るのは初めてです。
大きかった。

20180430_146.JPG

風力発電が開始されたのは、今年の4月24日からです。

今年の最終目的地、南相馬市原町区萱浜へ向かいました。

HP:南相馬市 万葉の里風力発電所

山元町 旧中浜小学校

2018年06月06日

宮城県県道38号線を福島に向かいました。
山元町に入ると農地災害復旧工事の場所が続いていました。

20180430_141.JPG

20180430_142.JPG

この辺りの工事は6月末までに終わる予定です。
来年は緑の景色が広がっているかもしれません。

今年も旧中浜小学校に立ち寄りました。
学校は、90名の命を守った学校です。震災の遺構として2020年に公開予定となっています。

20180430_140.JPG

公開されたら見に行くかもしれません。

HP:旧中浜小学校震災遺構保存整備事業について

HP:山元町復興整備計画

宮城県のHPに宮城の記録をまとめたページ。
HP:宮城県内の市町村で発行された記録誌等

閖上地区 4月30日

2018年06月04日

県道10号線で閖上に向かいました。
閖上大橋で名取川を渡るとすぐに左折。歩道橋は無くなりかなり変わっていました。

日和山です。

20180430_133.JPG

今年も登って。周辺は変わっていない。

20180430_134.JPG

20180430_135.JPG

閖上 日和山 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


閖上の記憶にちょっとだけ立ち寄りました。
移転のお話を伺って、お昼時って事で、ゆりあげ港朝市へ向かいました。

20180430_138.JPGのサムネール画像

朝市は終わりの感じでしたので、メイプル館で食事としました。
混んでました~。

20180430_139.JPG

20180430_137.JPG

食事の後は、閖上の記憶の移転先であるメイプル館の隣の建物を確認。
その後は福島へと向かいました。

HP:ゆりあげ港朝市

HP:閖上の記憶

震災遺構 仙台市立荒浜小学校 4月30日

2018年06月01日

松島から国道45号線、県道10号線を通って荒浜小学校へ向かいました。
10号線沿いは、嵩上げ道路の建設中です。

20180430_131.JPG

荒浜小学校に到着したのは開館前の時間でした。
海沿いの慰霊碑に手を合わせ、防潮堤へと。
防潮堤に登って見える荒浜の海。

20180430_101.JPG

小学校方面。学校はここから約700mの場所にあります。

20180430_102.JPG

360°画像

荒浜の防潮堤 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


昨年も歩いた場所ですが、少し歩きました。
昨年は閉まっていた海浜公園センターハウスです。

20180430_105.JPG

館内に入ると、この地区の震災後のパネル展示があり見てきました。

20180430_103.JPG

震災後に建てられた施設と思っていました。
お話を伺ったところ、この周辺は、もともと公園として整備がすすめられ、建物は、2010年に建てられたもの。同じ建物を修復して再開したそうです。

海岸公園全体には、野球場、テニスコート、馬術場、パークゴルフ場があるようです。

20180430_104.JPG

また来てくださいねと言われちゃいました^^

HP:仙台市 海岸公園再整備事業

荒浜小学校です。今年は必ずここには立ち寄ろうと思っていた場所です。

20180430_106.JPG

昨年震災遺構として整備され公開されました。

20180430_130.JPG

20180430_124.JPG

20180430_123.JPG

20180430_122.JPG

1階は、保健室、1年1組の教室が公開されています。
なかなかこういった形で公開されている場所はありませんね。

20180430_127.JPG

保健室

20180430_128.JPG

荒浜小学校 保健室 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


1年1組の教室

20180430_125.JPG

荒浜小学校 1年1組教室 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


2階。

20180430_109.JPG

20180430_110.JPG

津波到達ライン。

20180430_108.JPG

3階は非公開。4階には、地震発生からの時間経過とその状況、荒浜の歴史、荒浜小学校の想いでの展示があります。

20180430_119.JPG

20180430_112.JPG

上映スペースもあり「3.11 荒浜小学校の27時間」の上映が行われています。
当時の校長、町会長のインタビュー、消防ヘリの映像、避難者の救出までの27時間をまとめた映像です。

20180430_113.JPG

荒浜の想いで。小学校の想いで。

20180430_114.JPG

20180430_115.JPG

屋上に出ることができます。

20180430_118.JPG

20180430_117.JPG

海側。震災前は多くの家が並んでいた場所です。

20180430_116.JPG

荒浜小学校 屋上からの景色 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


1階に戻って。

20180430_120.JPG

津波避難屋上へあがれ。

20180430_132.JPG

出口から外に出ると、体育館についての震災前後のパネルの展示があります。

20180430_121.JPG

パネルに書かれていた言葉。
「荒浜小学校では、2010年のチリ地震の経験を生かし、震災前に避難場所を体育館から屋上に変更、体育館に保管していた毛布などの備蓄品も校舎3階に移していました。このような防災対策の見直しが、児童や避難者の多くの命を救うことにつながりました」

学校の取り組みですくわれた命がある。

HP:震災遺構 仙台市立荒浜小学校

1