東北へ2021年

東日本大震災・原子力災害伝承館 3月6日

2021年03月25日

中浜小学校を出発した後も海側を走り、東日本大震災・原子力災害伝承館へ向かいました。

到着したのは、3時半頃。閉館時間の5時まで見て回りましたが、時間が少なかった。
凝った映像設備が多くて、どうしてもどうやって映像を投影してるんだろう?ってそっちのほうが気になってしまった。。。

いくつかの動画は、選択しないと映像がスタートしないようになっています。
見ない映像が出来てしまう事になります。

原子力災害伝承館_20210306_10.JPG

原子力災害伝承館_20210306_2.JPG

建物内の雰囲気。
引きの絵ならOKとのことで撮影。

原子力災害伝承館_20210306_1.JPG

こちらは、隣にある双葉町産業交流センターです。

原子力災害伝承館_20210306_3.JPG

屋上に上がってみました。
周りは、寂しい景色です。

原子力災害伝承館_20210306_9.JPG

北側

原子力災害伝承館_20210306_4.JPG

一階部分が破壊された建物が見えました。

原子力災害伝承館_20210306_8.JPG

西側

原子力災害伝承館_20210306_5.JPG

東側

原子力災害伝承館_20210306_7.JPG

ここは、中間貯蔵施設の北端となります。知らなかった。

原子力災害伝承館_20210306_6.JPG

屋上の壁に中間貯蔵施設についてのパネルがありました。

原子力災害伝承館_20210306_12.JPG

原子力災害伝承館_20210306_11.JPG

HP:東日本大震災・原子力災害伝承館

この後は、四倉でボランティア仲間とイベントに参加してきました。

中浜小学校 3月6日

2021年03月23日

2020年の9月26日から一般公開された中浜小学校。
公開前に何度か来ていた場所です。

中浜小学校_20210306_1.JPG

ここは有料となります。400円。

画像には、2か所外階段が写っています。もう一か所海側にも外階段があります。
もともと避難しやすいように外階段を3か所作ったそうです。

中浜小学校_20210306_2.JPG

ガイドの方に説明いただきながら館内を歩きます。

中浜小学校_20210306_3.JPG

中浜小学校_20210306_4.JPG

中浜小学校_20210306_5.JPG

中浜小学校_20210306_6.JPG

中浜小学校_20210306_7.JPG

中浜小学校_20210306_8.JPG

2階のものが津波で一階に落ちた。

中浜小学校_20210306_9.JPG

途中映像を見せていただき、屋上へと。
この細い階段が屋上に続きます。決意の階段。

中浜小学校_20210306_11.JPG

屋上からの景色。子供たちの避難した屋根裏部屋は、撮影NG。
部屋は、そのまま残されている感じでした。

中浜小学校_20210306_12.JPG

外側を回って。
津浪によって柱に巻き付いた鉄骨。

中浜小学校_20210306_13.JPG

反対側に開いている扉。

中浜小学校_20210306_14.JPG

学校を建設するときに2mの嵩上げを行いそこに学校を建てたそうです。
この2mが子供たちを守ることに繋がっています。
避難すべきだったのか、難しい判断だったようです。

HP:朝日新聞 震災遺構・旧中浜小が一般公開に

HP:山元町 震災遺構中浜小学校の一般公開について

閖上 3月6日

2021年03月21日

閖上では、かわまちてらす閖上を通り、名取市震災復興伝承館へ。

閖上_20210306_1.JPG

展示の様子。

閖上_20210306_2.JPG

閖上_20210306_3.JPG

もちろん映像での展示もあります。

左に見える丘は、藤塚地区の避難の丘です。

閖上_20210306_4.JPG

左に見えるのが閖上大橋。

閖上_20210306_5.JPG

日和山へ移動して。
駐車場があった場所が、遺構の広場となっていました。

閖上_20210306_7.JPG

閖上_20210306_8.JPG

閖上_20210306_6.JPG

閖上_20210306_10.JPG

閖上_20210306_9.JPG

祈りの広場。

閖上_20210306_11.JPG

そのまま歩いて、閖上の記憶へと。
周りの駐車場も綺麗になっていました。

閖上_20210321_13.JPG

こちらで教えていただいた、祈りの広場前にオープンしたお店で昼食としました。

釜揚げしらすプレートをいただきました。

閖上_20210321_14.JPG

沢山追いしらすされたー!

閖上_20210306_12.JPG

この後は、中浜小学校へと向かいました。

HP:名取市震災復興伝承館

HP:閖上の記憶

HP:名取市 震災復興事業マップ

HP:cafe malta

藤塚地区 避難の丘 3月6日

2021年03月21日

東部復興道路を通り閖上へと。
嵩上げされた道路で南北に10km続きます。
海岸堤防、海岸防災林、そしてこの道路で津波の威力の低減を狙っています。
このような嵩上げの道路は、福島県まで続いています。

写真は旧道から東部復興道路を見上げた絵になります。
ほとんどこちら側を走ってました^^;

藤塚避難の丘_20210306_11.JPG

閖上大橋手前に小高い丘が見えたので行ってみました。
ここは仙台市若林区の南端になります。
若林区にはこのような丘が4か所整備されています。
災害危険区域で居住は、できない場所です

藤塚避難の丘_20210306_13.JPG

藤塚避難の丘_20210306_2.JPG

藤塚避難の丘_20210306_4.JPG

川の対岸には、閖上地区が見えます。

藤塚避難の丘_20210306_3.JPG

丘の上から。

藤塚避難の丘_20210306_5.JPG

藤塚避難の丘_20210306_6.JPG

藤塚避難の丘_20210306_7.JPG

藤塚避難の丘_20210306_8.JPG

藤塚避難の丘_20210306_12.JPG

若林区藤塚地区についてモニュメントがありました。
藤塚地区周辺について、東日本大震災の概要、藤塚の暮らしについて書かれています。

藤塚避難の丘_20210306_10.JPG

HP:奥田建設株式会社 東部復興道路

HP:河北新報 東部復興道路が全線開通

HP:仙台市 海岸公園整備事業

避難の丘に向かう途中建設現場がありました。
調べてみると「アクアイグニス仙台」。
温泉、食、農園の施設になるようです。

href="https://saiyo.aquaignis-sendai.jp/"target=_blank">アクアイグニス仙台

松島 3月6日

2021年03月21日

宿泊したのは、松島センチュリーホテル。
海の前のホテルです。
朝は空が綺麗でした。出発前にちょっと散歩。

松島_20210306_1.JPG

松島_20210306_2.JPG

松島_20210306_3.JPG

閖上へと向かいました。

がんばろう石巻 3月5日

2021年03月19日

嵩上げされた県道240号を通って石巻へ。
公園周辺は、どこを通ればいいのか不安でしたが到着。

がんばろう!石巻。

石巻_20210305_6.JPG

南浜つなぐ館には、間に合わなかった。周りはまだまだ工事中。

石巻_20210305_7.JPG

北側の道路を歩いて。

石巻_20210305_1.JPG

石巻_20210305_2.JPG

石巻南浜津波復興祈念公園の開園は、3月28日からです。
公園を歩いて回ることが出来なかったので、日和山へと。
公園の全体像は見えませんが、写真センターに一丁目の丘が分かります。

石巻_20210305_3.JPG

建設中の橋が見えます。初めて見る工法です。すごいな。

石巻_20210305_8.JPG

石ノ森萬画館側。4年前の景色より堤防が綺麗になっていた。

石巻_20210305_4.JPG

宿泊先である松島へと向かいました。

HP:宮城県 石巻南浜津波復興祈念公園

HP:東北国営公園事務所 石巻南浜津波復興祈念公園

旧女川交番

2021年03月18日

旧女川交番 3月5日

2021年03月18日

女川へと車を向けるが、途中雄勝町で道を間違える。
ここは曲がったような記憶。
前の車に続いて曲がってしまったが、まっすぐでよかった(^^;
そのまま進むと、新しい建物が目に入り、そこまで行ってみました。
雄勝硯伝統産業会館でした。時間が無くて見れなかったが、湾を撮影、女川へと道を戻しました。

女川_20210305_13.JPG

高い。

女川_20210305_14.JPG

女川では、震災の遺構として公開された旧女川交番を見てきました。
引き波で倒された交番。このような遺構はここだけではないでしょうか?

女川_20210305_2.JPG

交番の周りは嵩上げが行われ、スロープを下りながら360°建物を見ることができます。

女川_20210305_8.JPG

女川_20210305_3.JPG

女川_20210305_9.JPG

女川_20210305_10.JPG

女川_20210305_4.JPG

女川_20210305_11.JPG

スロープの壁には、震災前、震災時、復興の女川のパネルが展示されています。

女川_20210305_5.JPG

女川_20210305_6.JPG

湾まで降りて、その後石巻へと急ぎました。

女川_20210305_12.JPG


HP:女川町 震災遺構について

HP:産経フォト 旧女川交番の遺構整備完了


大川小学校 3月5日

2021年03月17日

45号線、398号線で大川小学校へ。
震災遺構として整備が進んでいました。

大川小学校_20210305_1.JPG

伝承施設でしょうか?

大川小学校_20210305_2.JPG

大川小学校_20210305_3.JPG

裏側に来るのは初めてかな。

大川小学校_20210305_4.JPG

信濃毎日新聞の記事に、設計者は、設計当時は裏山へ通じる通路を作る提案をしていたが通らず、今もその事を後悔している。そんな記事が掲載されていました。

遺構の公開は4月の予定です。

HP:石巻市 震災遺構検討会議(大川小学校旧校舎)

読売新聞の記事にも設計者の話が掲載されていました。
HP:読売新聞 [東日本大震災10年 秘話]最終回<6>犠牲 大川小 設計者の思い

南三陸町震災復興祈念公園 3月5日

2021年03月16日

南三陸さんさん商店街に到着。

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_2.JPG

商店街の裏手から。新しくできた中橋。防災対策庁舎が少し見える。
南三陸町震災復興祈念公園は、2020年10月12日にフルオープンしました。

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_1.JPG

中橋を渡り防災対策庁舎へ。

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_9.JPG

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_3.JPG

祈りの丘へと。
復興祈念のテラス。

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_4.JPG

名簿安置の碑。
遺族や親族の了承を得た804人の名簿が納められています。

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_5.JPG

海側の景色。

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_6.JPG

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_7.JPG

こちらは、震災前の志津川市街地のレリーフ。

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_8.JPG

国道45号線から。

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_10.JPG

商店街に戻ってちょっと休憩。400円コスパ最高!

南三陸町震災復興祈念公園_20210305_11.JPG

HP:南三陸町 震災復興祈念公園
HP:南三陸さんさん商店街
HP:被災庁舎の保存、今も揺れる住民たち 宮城・南三陸町

南三陸ハマーレ歌津 3月5日

2021年03月15日

国道45号線を走っていると、まだまだ工事の場所があります。

南三陸ハマーレ歌津_20210305_6.JPG

奥に見える橋は小泉大橋。本吉町泉から。

少し行きすぎましたが戻って。南三陸ハマーレ歌津に立ち寄りました。

南三陸ハマーレ歌津_20210305_1.JPG

山雅フラッグを探しました。ボロボロだけどあった!

南三陸ハマーレ歌津_20210305_4.JPG

国道45号線は新しくなっていますが、周辺はまだまだ工事中です。

南三陸ハマーレ歌津_20210305_2.JPG

HP:南三陸ハマーレ歌津

大谷海岸 3月5日

2021年03月14日

気仙沼から国道45号線で南三陸へ向かいました。
その途中、立ち寄ったのが、大谷海岸道の駅。
まだ工事中でしたが、3月28日オープンです。

大谷海岸_20210305_4.JPG

大谷海岸は、被災前の砂浜を取り戻すため、市民の意見を取り入れて、防潮堤を陸側に移した場所です。

大谷海岸_20210305_1.JPG

前回訪れたときは、線路、駅が残っていたよな。

大谷海岸_20210305_3.JPG

大谷海岸_20210305_2.JPG

工事が終われば広い砂浜が再現されます。

HP:気仙沼市 大谷里海づくり検討委員会

気仙沼 ホテル一景閣 3月5日

2021年03月14日

気仙沼で宿泊したホテルになります。

気仙沼_20210305_19.JPG

津浪の高さが示されています。
それと、このホテル周辺は1.8m嵩上げがされています。
それにより、一階は半地下のような形になっています。

朝の食事が良かった。

気仙沼_20210305_16.JPG

温野菜の蒸篭蒸し

気仙沼_20210305_17.JPG

焼きたての焼き魚

IMG_4274.jpg

ご飯が窯で炊いてあり、美味しい。朝からご飯二杯食べてしまった。

HP:ホテル一景閣

気仙沼 リアス・アーク美術館 3月4日

2021年03月14日

気仙沼では、前から行きたいと思っていたリアス・アーク美術館へと。

気仙沼_20210304_14.JPG

ここでは、震災を記録し伝えるために常設展として展示しています。

気仙沼_20210304_15.JPG

気仙沼_20210304_1.JPG

写真には、学芸員さん達の言葉が添えられています。

気仙沼_20210304_2.JPG

気仙沼_20210304_3.JPG

展示は、写真だけでなく被災物の展示もあります。

気仙沼_20210304_4.JPG

こちらにも口語調で言葉が添えられています。証言記録ではないそうです。

気仙沼_20210304_5.JPG

気仙沼_20210304_6.JPG

気仙沼_20210304_7.JPG

気仙沼_20210304_8.JPG

言葉。

気仙沼_20210304_22.JPG

気仙沼_20210304_23.JPG

全てを読むことはできませんでしたが、良い言葉が多くつづられていたと思います。
閉館時間となり、宿泊先へと向かいました。

気仙沼_20210304_9.JPG

3月6日に開通した、気仙沼湾大段橋。

気仙沼_20210304_10.JPG

食事後、ムカエル周辺が綺麗だったので撮影しました。

気仙沼_20210304_11.JPG

気仙沼_20210304_12.JPG

気仙沼_20210304_13.JPG

ホテルへと戻りました、この日のホテル一景閣です。

HP:リアス・アーク美術館

陸前高田 3月4日

2021年03月13日

国道45線で陸前高田に向かいました。イオンやコメリを過ぎ、ファミリーマートのある交差点ではまだ工事中。右折してアバッセたかた方面に向かいました。
途中車を止めて。下宿定住促進住宅周辺も工事中でした。

陸前高田_20210304_1.JPG

アバッセたかたの手前を左折、運動公園を右手に見ながら、高田松原津波復興祈念公園へ向かいました。

陸前高田_20210304_9.JPG

陸前高田_20210304_2.JPG

海に向かって歩きます。
実は、前日の夕方にも来ていましたが、時間外で入れませんでした。
開館時間は17時まです。

陸前高田_20210304_3.JPG

陸前高田_20210304_4.JPG

振り返って。

陸前高田_20210304_5.JPG

階段を上り防潮堤に上がると、海が広がります。
献花台があり、手を合わせてきました。
海に向かった正面の絵はありません。なんだか撮らなかった。

陸前高田_20210304_7.JPG

陸前高田_20210304_8.JPG

陸前高田_20210304_6.JPG

伝承館を見学。過去の津波について、東日本大震災での津波被害について陸前高田の事だけでなく各地で起きたことをまとめた伝承館となっています。

HP:東日本大震災津波伝承館

お隣の道の駅でお土産を買い、お食事も。

陸前高田_20210304_16.JPG

HP:道の駅 高田松原

アバッセたかたへと。
建設中の施設、新しい施設が増えていました。
追悼施設が囲われてしまって、分かりにくくなっていたな。

HP:さんりく旅しるべ 陸前高田アムウェイハウス まちの縁側

陸前高田_20210304_14.JPG

陸前高田_20210304_11.JPG

陸前高田_20210304_12.JPG

今年も近づけなかったのでまた来年かな。

陸前高田_20210304_13.JPG

陸前高田_20210304_17.JPG

陸前高田_20210304_10.JPG

近くの熊谷珈琲店で休憩。

陸前高田_20210304_15.JPG

気仙沼へと向かいました。

陸前高田では、震災の遺構として、気仙中学校が今年5月公開されます。
また来年。

HP:陸前高田市 震災遺構について


大船渡 時計塔 防災観光交流センター 伝承杭 3月4日

2021年03月12日

震災遺構として残された、茶茶丸パーク時計塔を見学。
正直ここにあることを知らなかった。

大船渡_20210304_14.JPG

大船渡_20210304_13.JPG

防災交流センターに移動して、大船渡津波伝承館を見てきました。

大船渡_20210304_30.JPG

撮影NGなので絵はありません。
パネルが時間軸で展示されています。わかりやすく良かったと思います。

屋上に上がって。

大船渡_20210304_31.JPG

2年前と比べてあまり変わっていない気がする。

大船渡_20210304_32.JPG

ここから「大船渡つなみ学習 ウォークガイド」を参考に西側を歩きました。

大船渡_20210311_29.JPG

加茂神社です。青いラインが津波の高さを示しています。
ここを上りますが、石組みの階段です。正直登りにくかった。

大船渡_20210304_16.JPG

大船渡_20210304_17.JPG

大船渡_20210304_19.JPG

神社に到着。伝承杭はどこにあるのかと探しましたが見つからず、もう一度階段まで戻ると、見つけました。想像していた大きさと違い小さかった。

大船渡_20210304_20.JPG

QRコードを読み込んでHPが開くことを確認。
ガイドマップを見ながら、津浪到達の碑へ。

大船渡_20210304_21.JPG

No11の台町津波襲来撮影ポイント。
ここに来るのは、3回目ですが、伝承杭があるのは知らなかった。

大船渡_20210304_22.JPG

防潮堤の建設中の場所が見えたので近づいてみました。

大船渡_20210304_23.JPG

大船渡_20210304_24.JPG

車に戻って、陸前高田に向かいました。

大船渡 サン・アンドレス公園 3月4日

2021年03月11日

朝は、サン・アンドレス公園へ車で移動。
2年前は整備中で入れませんでしたが津波の後も綺麗に修復されていました。

大船渡_20210304_1.JPG

大船渡_20210304_3.JPG

大船渡_20210304_2.JPG

大船渡_20210304_7.JPG

曲がった手すりも修復されています。

大船渡_20210304_8.JPG

上に上がってみました。そこからの景色。ぐるりと360°。

大船渡_20210304_9.JPG

大船渡_20210304_11.JPG

大船渡_20210304_10.JPG

大船渡_20210304_12.JPG

公園に隣接する堤防に上がって。

大船渡_20210304_4.JPG

反対側に降りてみました。

大船渡_20210304_5.JPG

海側には高い堤防がつながっています。

この後は、大船渡市防災観光交流センターへ戻りました。

東北の旅安曇野から大船渡へ 3月3日

2021年03月10日

昨年はコロナの影響で東北への旅はあきらめましたが、今年は、3月3日から7日まで行ってきました。

一日目は、安曇野から大船渡まで移動です。
7時に出発、東北自動車道仙台南ICからE48に入り、仙台若林JCTからE6、E45を通り気仙沼中央ICからR45で大船渡へ向かいました。

大船渡_20210310_28.JPG

途中事故で通行止めとなり高速を下ろされましたが、予定通りに18時に到着しました。

大船渡_20210303_25.JPG

宿泊したのは、大船渡プラザホテルです。

大船渡_20210303_27.JPG

夕飯は、坂本食堂へと。

大船渡_20210303_26.JPG

カツカレーの小盛をいただきました。小盛でも私には、お腹か一杯^^

ゆるりと少しずつアップしていきます。

HP:大船渡プラザホテル