鵜住居地区 4月11日

2019年04月24日

鵜住居地区では、今年ラグビーワールドカップが行われるスタジアムを見学。

20190411_53.jpg

その後、鵜住居駅に向かいました。
こちらは駅前に今年3月にオープンした、「いのちをつなぐ未来館」です。
周りはまだ工事中でした。

20190411_54.jpg

20190411_55.jpg

釜石で起きた二つの出来事をメインに紹介しています。
子どもたちの命を救った釜石の軌跡。
大人たちの命を奪った防災センターの悲劇。
正しい教育と訓練が人の命を救う。東北を旅する中で知ったことです。

館内を撮影させていただきました。

いのちをつなぐ未来館 子どもたちの軌跡 - Spherical Image - RICOH THETA


いのちをつなぐ未来館 鵜住居地区防災センター - Spherical Image - RICOH THETA


いのちをつなぐ未来館 津浪の歴史 - Spherical Image - RICOH THETA


鵜住居駅

20190411_57.jpg

20190411_56.jpg

駅前の観光交流拠点施設でお買い物をして、この日の宿泊先の大船渡へと向かいました。

HP:うのすまい・トモス

大槌町 4月11日

2019年04月23日

今年は復旧した駅を見て回ろうと思って、大槌駅についても調べていました。
「ひょうたん島」を駅舎のデザインとすることが決まったとの記事を読み、町のシンボルでもあることを知りました。大槌湾には「ひょっこりひょうたん島」のモデルとなった島、蓬莱島があります。この島がひょうたんの形をしています。

大槌に到着して最初に蓬莱島へ向かいました。
赤い灯台が見える場所が蓬莱島です。

20190411_52.jpg

20190411_50 .jpg

20190411_35.jpg

20190411_36.jpg

20190411_37.jpg

昨年の6月にオープンした施設、大槌町文化交流センター(おしゃっち)に立ち寄りました。

20190411_40.jpg

震災前の街並み。

20190411_41.jpg

20190411_42.jpg

2階に震災伝承展示室があります。

20190411_43.jpg

外も見て回りました。
池がありますが、震災前の地盤高さを残してあります。

20190411_51.jpg

20190411_38.jpg

昭和三陸津波を伝える石碑。

20190411_39.jpg

 1、地震があったら津浪の用心せよ
 1、津浪が来たら高い所へ逃げよ
 1、危険地帯に住居をするな

と読めます。こういった石碑は、東北には300ヵ所ほどあるそうです。

さて駅舎です。屋根がひょうたんの形をしています。ここは楽しいですね。

20190411_31.JPG

全員見つけて撮れたかな?

20190411_44.jpg

20190411_45.jpg

20190411_46.jpg

20190411_47.jpg

20190411_48.jpg

ひょっこりひょうたん島の歌は、かすかに記憶の中にありますが、残念ながらキャラクターは覚えていないな。

外の階段で2階に上がれました。

20190411_49.jpg

360°の画像です。

大槌駅 - Spherical Image - RICOH THETA


大槌駅 2階 - Spherical Image - RICOH THETA


今年も城山公園に立ち寄りました。2年前にも見た景色ですが、少し建物が増えたかな。

20190411_32.JPG

鵜住居へ向かいました。

山田町 4月11日

2019年04月21日

45号線を走り、山田町に到着したのは10時40分頃でした。
山田駅にあった大時計と鎮魂と希望の鐘を見てきました。

20190411_19.jpg

20190411_18.jpg

鐘を撮影し忘れた。。。

ここから海を見る。

20190411_28.jpg

岩手県山田町大時計と鎮魂と希望の鐘 - Spherical Image - RICOH THETA


陸中山田駅。三陸鉄道リアス線は今年3月に開通しました。

20190411_26.jpg

20190411_20.jpg

オランダの風車をイメージした外観。

20190411_29.jpg

20190411_21.jpg

海側も見て回ろうといったん車に乗り移動しました。
確かこのあたりから海側に行けたよなと車を走らせていると、防潮堤の切れ目や門は見えず、ここでいいのかと思いながら防潮堤側へ左折、すると坂道を上り防潮堤の上を通り海側へと。

20190411_27.jpg

ここには扉はなく、防潮堤の上を通すタイプとなっていました。
自転車で通ってる人もいらっしゃいましたが大変そうでした。

20190411_22.jpg

海側から。

20190411_23.jpg

防潮堤の南側を普通に通って調べておいた「いっぷく」へと。

20190411_25.jpg

やっぱりカキをいただきました。

20190411_24.jpg

お昼をいただいて大槌町へ向かいました。

女遊戸浜、田老、宮古の防潮堤 4月11日

2019年04月20日

4月11日この日も予報通りに朝方雪となっていました。
部屋の窓から撮影。

20190411_1.jpg

出発前に車の雪下ろし。安曇野でもやったのにと思いながら。
ワイパーを上げていなかったなと思っていたら、すべての車が上げてありました。
ホテルの方がやってくれてたようです。ありがとうございます。

北上してまずは、女遊戸浜の防潮堤。

20190411_4.jpg

扉は自動で閉まるようです。左右に階段が設置されています。

20190411_8.jpg

20190411_3.jpg

雨の降る中登ってみました。

20190411_6.jpg

高いところはそれほど好きではありませんが、景色は見てみたくなります。

20190411_5.jpg

20190411_7.jpg

田老ではいつものように、第一防潮堤に登りました。

20190411_9.jpg

海側に新しく防潮堤が建設されています。今年はその様子を見て回りました。
海が見えない。

20190411_14.jpg

田老第一防潮堤 - Spherical Image - RICOH THETA

20190411_13.jpg

20190411_12.jpg

完成予想図。現地で見ないとよくわからないかな。。

20190411_11.jpg

新しくできた道の駅でお土産を購入。
南へと向かいました。

宮古から山田町へ向かう途中、高浜地区の防潮堤が気になっていました。
2年前も工事中だったかな、終わったら登ってみようと思っていた場所です。
足元はシャーベット状でした。慎重に。
高さは、T.P10.4m。

20190411_16.jpg

海側の景色。

20190411_15.jpg

20190411_17.jpg

山田町へと向かいました。

東北の旅 4月10日 安曇野から宮古へ移動

2019年04月19日

一日目。
朝7時頃出発、しましたが、高速に乗ったのは8時頃。
ちょっと撮ってました。雪の百楽桜。

20190410_1.jpg

高速に乗るも雪。タイヤ交換してなくてよかった。
今年の予定です。
今年3月に開通した釜石花巻道路を通り、三陸自動車道で宮古へと向かいました。

20190410_61.JPG

横川SAに到着したのは、9時半。スタバによって休憩。

20190410_4.jpg

ここでも雪。

20190410_2.jpg

上河内SA。11時半頃到着。途中雨の場所もありましたが、ここでも雪でした。

20190410_3.jpg

遠野で降りて道の駅で休憩。再び釜石花巻道路に乗り、三陸自動車道で宮古へと。
浄土ヶ浜パークホテルに到着したのは、18時頃。途中雪でしたが、予定通りに到着。
ほとんどが高速道路の走行で楽でした。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11