福島県富岡町 夜の森桜並木 4月13日

2017年06月04日

小高からは、線路沿いを通り浪江駅に出て、その後再び6号線に戻って富岡町へ向かいました。夜の森桜並木を何度かニュースで見ていました。その桜並木のライトアップが今年7年ぶりに復活するとの事で、その日程に合わせて今年の旅行の行程を決めました。
桜並木は、全長2.2km有るそうですが、今見れるのはわずかな範囲だけです。

途中ちょっと迷いました。6号線で曲がろうと思ったらバリケードだったりで、どう行ったらいいのか迷いました。さくらモールとみおかに車を止めて、地図を確認して再度出発。まだ明るい時間に到着できました。

20170413_182.JPG

北側へ進むと。

20170413_180.JPG

桜並木は続いていますが、ここから先には入ることができません。

20170413_181.JPG

富岡第二中学校側に戻り、暗くなるのを待ちました。

20170413_183.JPG

20170413_184.JPG

20170413_185.JPG

並木道は、一般道です。車の行き来もあります。

20170413_186.JPG

20170413_187.JPG

見事な桜のトンネルです。平日でしたが結構人が出ていました。

20170413_188.JPG

こちらは線路沿いの桜並木です。通りの片側が桜並木となっていました。

20170413_189.JPG

20170413_190.JPG

20170413_191.JPG

わずかな範囲と言う事でしたが、十分楽しめました。
この後は、富岡インターで高速に乗り、宿泊地であるいわき市の温泉宿へと向かいました。

相馬市 相馬中村神社と南相馬市の鹿島の一本松 4月13日

2017年06月02日

相馬中村神社に立ち寄りました。ここに来るのは、2012年の野馬追いらい。桜が満開でした。

20170413_172.JPG

20170413_176.JPG

20170413_171.JPG

20170413_174.JPG

20170413_175.JPG

20170413_173.JPG

南相馬市鹿島区のかしまの一本松です。
高潮の影響で立ち枯れしています。数年内に伐採することが決まっています。この場所にはメモリアルパークが作られる予定です。見れるのは今回が最後になるかもしれません。

20170413_178.JPG

わかりにくい絵ですが、周辺ではソーラーパネルの設置工事が進んでいました。

20170413_177.JPG

南相馬市は、市の消費電力あるいはそれ以上の電力を再生可能エネルギーで生み出すことを2020年度に約65%、2030年度にほぼ100%を目標としています。
HP:南相馬市

この後は自分がボランティアで作業をした場所を回りました。
変わってなかったな。
ここは、植樹祭に参加した場所です。少し大きくなってました。

20170413_179.JPG

2015年、2016年は南相馬を旅の最終地としていましたが、今年は、この後浪江町、富岡町へ向かいました。

宮城県亘理郡山元町 旧中浜小学校 4月13日

2017年05月31日

県道38号線を南に向かいました。山元町に入り通り沿いに見えてきた築山。笠野地区の防災公園です。

20170413_169.JPG

山元町には3カ所作られています。山元町も海岸から約200mの範囲は、防災緑地帯として整備が進められています。

造成中のためか砂埃がひどかった。

20170413_170.JPG

砂埃の中進むと見えてきた、黄色いハンカチと建物。旧中浜小学校でした。
千年塔、黄色いハンカチ、旧中浜小学校。

20170413_166.JPG

震災の遺構として整備が進められています。

20170413_167.JPG

黄色いハンカチ。メッセージが書かれています。震災後から続けられている、幸せの黄色いハンカチプロジェクト。全国各地から送られてきているメッセージの書かれたハンカチです。

20170413_168.JPG

学校に避難した、90名は無事、在籍児童59名も全員無事でした。
震災前後の航空写真を見比べると、周辺の住宅は無くなり、この校舎だけが残っていました。
小学校で震災当時起きたことをまとめたファイルがありました。
PDFファイル:震災を乗り越えて 山元町立中浜小学校

正直、山元町については調べていませんでした。帰ってから現地を想い調べています。
山元町についての私の見たHPの一部です。

HP:子どもも大人もみんなで遊び隊
HP:山元町 被災者支援・復興関連情報
HP:被災状況等
HP:山元町復興整備計画
国土地理院の航空写真を見れるサイトです。場所にもよりますが、震災前後の航空写真が見れます。
HP:国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス
宮城県のHPに宮城の記録をまとめたページがありました。
HP:東日本大震災 宮城の記録


ここで宮城県とはお別れ、6号線に入り相馬市へ向かいました。

宮城県岩沼市 千年希望の丘 4月13日

2017年05月29日

宮城県岩沼市の海岸沿いにある千年希望の丘です。
今回車を止めて回ったのは一番北側になります。千年希望の丘はここから南に約5km続いています。

20170413_161.JPG

こちらに来るのは、今回が初めてです。
岩沼市の海岸線沿いも、災害危険区域に指定されています。海岸沿いにあった6地区を内陸に集団移転し、跡地を千年希望の丘として整備を進めています。
千年希望の丘は、一時避難場所の整備、津波の威力の減衰、記録や教訓を後世までに伝える事が目的となっています。

慰霊碑です。人が支え合う姿をイメージした形となっています。高さはこの地を襲った津波の高さを示しています。

20170413_162.JPG

20170413_164.JPG

交流センターにも立ち寄りました。岩沼市の取り組みの動画を見てきました。その他には、震災の状況、千年希望の丘に付いてのパネル展示があります。

20170413_163.JPG

1号丘に行ってみました。周辺に有ったパネルです。千年希望の丘について書かれています。

20170413_155.JPG

スマホアプリの紹介。やってみました。津波の高さが実感できます。
アプリには、震災前、震災当時の写真、地区の移転場所が分かるようになっています。
その他には、避難所、災害への備えについてなどなどが書かれています。
どの地区にあってもいいかもしれません。

20170413_156.JPG

登ってみました。階段が壊れかかってるのが気になりました。

20170413_160.JPG

ここが完成したのは、2013年6月9日。

20170413_157.JPG

右側に飛行場、もうひとつ丘が見えます。

20170413_159.JPG

南側。右側に慰霊碑。センターに丘が見えます。

20170413_158.JPG

昨年は植樹祭があり、参加したかったんですが、日程的に諦めました。
植樹本数約10万本、参加人数12000人だったそうです。
知ってる方々が参加していたので行きたく思っていましたが、会えなかったかな、と思ったりもしています。

この後も沿岸部を走りました。丘を数カ所で見つけました。

リンク先のHPのグランドデザインを見ていただくと、被災状況から復興へ向けた取り組みが分かると思います。
HP:岩沼市 復興推進

HP:岩沼市 千年希望の丘

宮城県名取市閖上

2017年05月27日

県道10号線で、閖上へ向かいました。
10号線沿いには、海側に嵩上げ道路建設のため盛り土がされていました。高さは約6m、全長10km。道路は平成30年度完成を目指しています。
閖上大橋を渡ると、昨年とは道路が変わっていました。見えてきたのは、建設中の復興公営住宅です。

20170413_151.JPG

今年も閖上の記憶に立ちよりました。

20170413_145_01.JPG

お話を伺いました。
館内はあまり変わっていないとの事でしたが、周辺は変わりつつあり、そのお話を伺いました。新しい道路、区画整理、もともとベットタウンとなっていた閖上、他の場所で生活が安定してきている。その人々が戻ってくるのかが心配。昨年ちゃんと撮らなかった館内。こんな感じです。

20170413_147.JPG

右奥は上映スペースになています。

20170413_146.JPG

閖上の記憶は、区画整備のため移転を予定しています。
移転先は閖上市場のメイプル館の南側を予定しているそうです。

慰霊碑は変わっていなかった。

20170413_148.JPG

日和山です。今年も登りました。

20170413_152.JPG

閖上中心部、復興公営住宅方面。

20170413_149.JPG

慰霊碑。閖上市場方面。この辺りは震災メモリアル公園になるようです。

20170413_150.JPG

HP:閖上の記憶
HP:名取市 東日本大震災 復興計画関連情報

仙台空港を通り、千年希望の丘へ向かいました。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11