南相馬 鹿島の一本松と菜の花畑

2016年05月26日

閖上さいかい市場を後にして、仙台空港を通り、岩沼ICから常磐道に乗り南下、相馬ICで高速を降りて、県道74号線を南に向かいました。
途中えらい雨でしたが、南下するにつれて雨はやみ、青空も見えてきました。

県道74号線沿いで目に入ってきたメガソーラー、相馬市磯部地区です。昨年7月1日から着工し運転開始は2017年6月。
塩害により農作が困難になったことから農地転換が認められメガソーラーの建設をすすめているそうです。

20160501_138.JPG

この近くにも慰霊碑があり手を合わせてきました。

ここにも津波に耐えた松があります。鹿島の一本松です。

20160501_140.JPG

20160501_139.JPG

南相馬には何度か来ていましたが、ここに来るのは初めて。

20160501_147.JPG

枯れてるのかな?

ここは、2012年に初めてボランティアとして作業をした場所です。
当時は、山積みの瓦礫、破壊された防潮堤があり、海が見えていました。

20160501_137.JPG

今は整備が終わり、海は見えなくなっています。

20160501_141.JPG

最終目的地、南相馬市原町区萱浜です。
子供たちの声、笑顔、菜の花で作られた迷路があります。

20160501_144.JPG

20160501_142.JPG

20160501_149.JPG

20160501_148.JPG

ここから海側に移動しました。昨年参加した植樹祭の場所です。

20160501_145.JPG

この辺りに5,6本植えた。確かこの辺り。。。。。

20160501_146.JPG

昨年はここで、頑張っていた。みんなに笑顔をくれた。

20150329_159.JPG

地元でがんばってるな。

ボランティアで作業をした場所を見て回りました。
あの場所でいつか、給油をしたい。いつか。

安曇野へと向かいました。

昨年は、震災の遺構をめぐる旅でした。また数年後と思っていましたが、今年は、その遺構の一つである、田老観光ホテルが公開されたことから、見に行きたくなり、そこから南へと向かいました。昨年見た街並みとの変化を見る旅となった感じです。
来年はどうするかな。また行ってるかもしれません。

今回いろいろなHPをリンクしました。その他に見つけたサイトです。
HP:東日本大震災と津波被害における被災前後の航空写真ご提供

閖上 2016年5月1日

2016年05月24日

5月1日今回の旅の最終日。仙台から閖上へ向かいました。
県道10号線を通り、閖上大橋を渡り、ブルーの歩道橋の下、5差路を通りました。
TVでよく見た景色でした。

閖上の記憶へ向かいました。
閖上の記憶は、日和山、慰霊碑と十字路をはさんで同じ場所にあります。
到着した時間が早く、まずは、その向かい側にある慰霊碑へ。
「種の慰霊碑」から発芽した「芽生えの塔」。塔の高さは津波の高さを示しています。

20160501_124.JPG

HP:名取市 東日本大震災慰霊碑建立のお知らせ

日和山です。

20160501_134.JPG

20160501_125.JPG

日和山は、ゆりあげ漁港への船の出入りを見るためと、漁師が気象、海上の様子などを見るため、1920年(大正9年)に築造された山です。標高6.3mの山頂には、富主姫神社の社殿などがあり、地域の人々が集う憩いの広場として親しまれてきましたが、2011年(平成23年)3月11日に発災した東日本大震災による大津波にのみ込まれ社殿が流失、石碑は倒壊してしまいました。山頂に残った木の幹に大津波の爪あとが残っていたことから津波は山頂から2.1m
の高さまで水位が達したことが推定されます。

20160501_126.JPG

頂上から見た今の閖上地区です。
中央にあるのが閖上の記憶です。

20160501_130.JPG

この辺りは住宅密集地でした。

20160501_128.JPG

慰霊碑があり、その奥に見える車は、ゆりあげ港朝市の駐車場です。
太鼓の音が響いていました。まだ時間があったのでそちらに向かいました。

20160501_129.JPG

朝市はなかなかのにぎわいです。海産物だけかと思いましたが、何でもそろう感じです。
後で聞きましたが、震災前よりにぎわっているそうです。

20160501_135.JPG

太鼓の音は、琉球國祭り太鼓でした。

20160501_131.JPG

買った物をその場で焼くことが出来るBBQコーナーもありました。
せっかくだからね、焼いていただいたホタテを頂きました。

20160501_123.JPG

朝市は、日曜祝日のみです。
HP:ゆりあげ港朝市

朝市会場の一番奥にある、メイプル館。こちらは水曜日定休です。
朝市で取り扱っている商品や、食事もできます。

20160501_122.JPG

20160501_136.JPG

この後、閖上の記憶へ向かいました。

20160501_132.JPG

まずは、奥の部屋でこの地で起きた事をまとめた映像を見せていただき。
震災前閖上の航空写真のパネル、テレビに映し出された空から撮影された映像を元に、お話を伺いました。
何度も見て、記憶の中に残っていた映像、あの映像はこの場所。
閖上大橋で事故があり、5差路での渋滞の話。
この場所では津波は静かに襲ってきた、気がつかなかった。
防災行政無線が故障していた話、気がつかず使用していた話。
日和山の石碑の話。「地震があったら津波に用心」この石碑は日和山の下に立っていたそうです。
20160501_133.JPG
昭和8年の地震で発生した津波、その時は死者は出なかった。ここには津波はこない、そんな認識でいた。

閖上地区は現在嵩上げの工事が進んでいる。平日は、ひっきりなしにダンプが走っている。
嵩上げは限られた区域。計画はなかなか決まらなかったようです。
内陸で生活を始めた人たち、この地に戻ってくるのか。

避難場所を移動しようとして走り出した少年とその場にとどまった母の話。
TVで見た話でした。番組の中で、慰霊碑が学校に建てられたのを見ました。
今は、その校舎が取り壊しになり、慰霊碑は現在、閖上の記憶の隣にあります。
手で触りやすくするため、高さ、形を工夫した慰霊碑です。この場所を去る時、私もなでてきました。

HP:閖上の記憶

この後、閖上さいかい市場で食事を取り、最終目的地南相馬に向かいました。

HP:閖上さいかい市場
HP:名取市

がんばろう石巻

2016年05月22日

昨年は女川の後て石ノ森萬画館へと向かいましたが、今年は国道398号線から
県道240号線に入り、がんばろう石巻へ向かいました。
場所が移動していたようで、Googleマップとはちょっと違っていました。
この看板は、4月に新しく作り直した2代目の看板です。

20160430_113.JPG

今後5年ごとに作り替えて行くそうです。

HP:河北新報 「がんばろう!石巻」看板2代目 思いつなぐ

到着したのは16時を過ぎていてお隣の施設が終わってました。チェック不足でした。

ここは震災前は住宅密集地でした。
計画を見ると今後祈念公園として整備されます。今年その都市計画が決定予定となっています。
完成は2020年の予定です。

20160430_121.JPG

20160430_115.JPG

所々盛り土が行われ、周りが囲われていました。

20160430_116.JPG

公園のための試験植栽でした。

20160430_120.JPG

この後松島に立ち寄って、その後宿泊地の仙台へ向かいました。

20160430_117.JPG

石巻についてもあまり知識がなく、HP等チェックしています。

HP:石巻市の復興状況について

女川町

2016年05月21日

大川小学校から、引き続き国道398号線で女川町へ向かいました。

女川駅前にて。

20160430_105.JPG

駅の上からの景色です。昨年見た景色は、造成されたばかりで建物のない景色でした。
あれから1年1か月。

20160430_106.JPG

20160430_108.JPG

シーパルピア女川が生まれていました。
店舗数は27店舗。飲食店、段ボール製品店、ドラッグストア、ミニストアー、理髪店などなど。

20160430_104.JPG

HP:女川駅前にぎわい拠点

やっぱり見ておかないと、話題のダンボルギーニを見てきました。

20160430_110.JPG

20160430_109.JPG

商店街でコーヒーブレーク。疲れたので甘いものもいただきました。あ、絵はありません。

20160430_112.JPG

昨年は見忘れてしまった女川交番を探しました。
どこだろうと思いながら商店街を海側に向かうとすぐ見つかりました。

20160430_107.JPG

震災の遺構として保存が決まっています。

20160430_111.JPG

この周辺はメモリアル公園として整備がされます。

HP:女川町復興計画

大川小学校

2016年05月20日

南三陸町を後にして国道398号線で大川小学校へ向かいました。
北上川沿いを通り、橋を渡れば到着と思っていましたが、橋が、通れず。
ちょうど工事のため通行止めとなっていました。15km先まで走り戻りました。

大川小学校です。
今年も学校と橋のたもとで手を合わせてきました。

20160430_103.JPG

今年の3月に震災の遺構として保存が決まりました。
整備が始まるようですが、着工時期は未定となっています。

HP:河北新報 大川小学校保存表明

2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12